突撃インタビュー!
姫路のフタバ幼稚園へ!

2022年12月某日、兵庫県姫路市にあるフタバ幼稚園を突撃インタビューしました。1947年に設立された、歴史ある幼稚園です。この園では1歳半~年長までの100人ほどの子供たちが過ごしています。キリスト教精神に基づく教育方針を掲げ、園児一人ひとりの可能性と個性を最大限に伸ばすことを目指しています。園内には礼拝堂もあり、みんなで楽器を演奏したり、お歌を歌ったり、子供たちが伸び伸びと過ごせる環境が整えられています。取材時にはクリスマスの装飾が散りばめられ、園全体はあたたかい雰囲気に包まれていました。

先生(左) 取材担当(右)

子どもの健康を守るために

先生「子どもたちを守るため、ウイルスや菌を寄せ付けない努力を続けてきました。」保育部の先生にお話を伺いました。
担当『ぴきゃみんを使用される前はどのような除菌方法をとっていましたか?』
先生「幼稚園中のおもちゃ、遊具、テーブル、トイレ、幼稚園バスの座席などに対し、アルコール除菌を毎日していました。ツンとしたアルコール臭や液残りによる手荒れがあり、小さな子供たちのことを考えると、安心して使えるものではなかったんです。」
担当『ニオイや刺激性の無い、安心・安全な除菌剤が良かったということですね。』

行きついた先はぴきゃみん

そんな中、知人の紹介を経て辿り着いたのが"ぴきゃみん"でした。
先生「使い始めてから、除菌作業の手間がかなり減って、業務が楽になりました!」
担当『ぴきゃみんの効果持続期間は1週間ぐらいなので、一度シュッと噴霧すれば、除菌・消臭・抗ウイルスの効果がずっと続いてくれるんです。』
先生「そうなんですよね。本当に助かっています。」
先生「あとは、万が一子どもが口に入れてしまっても大丈夫というところと、私たちの手荒れの心配もなくなったのがありがたいところです。」
担当『ビタミンB2を活用した光触媒が主成分(その他成分:食品成分30%、歯磨き粉に使用される化粧品成分70%)でできているので、安心してお使いいただけます!』
先生「無臭タイプですし、ビタミンなので気兼ねなくどんどん噴霧できるのが嬉しいです。」
持続性と安全性の2つが決め手となったようです。

送迎バスの手すりや
座席にも使用

先生「送迎用のバスでも使っています。座席や手すりなど、子供たちが触れる部分への噴霧を週に1度行っています。」
担当『これまた、毎日除菌作業を行う必要がなくなったのは嬉しいですよね。』
ぴきゃみんの効果が1週間持続するおかげで、噴霧作業の頻度を減らすことができたようです。

天日干しで最大効果を発揮

先生「光触媒の除菌消臭剤ってあまり馴染みがないんですが、おすすめの使い方とかありますか?」
担当『そうですね、、、お昼寝の時間などでお布団を使うと思うのですが、その布団にぴきゃみんを吹きかけてから外に干していただくと、日光が当たることによって、光触媒の効果が最大限発揮されます!』
先生「お布団って頻繁に洗濯できないので、すごくいいですね!早速試してみます。」

子どもたちが健やかに育ち、笑顔あふれる温かい幼稚園でした。

上へ戻る